いろんな形のメッセンジャーナースの活動を模索中

近況報告が届きましたのでご紹介いたします。…………



 4月より与論町社会福祉協議会 在宅支援人材育成専門員として勤務しています。

 赴任早々、離島のクラスター発生で、鹿児島の南3島(以前発表した訪問看護を届けた3島)の宿泊療養施設の立ち上げ、担当看護師を務めました。

 宿泊療養施設では、少ない資源の病院(それも医師会と仲が悪い徳洲会)、保健所、町役場、保健センターをつなぐ連携システム構築を一緒に進める役割がありました。また、ちょうど県から運営をしてくれる会社を希望され、急遽日頃から検討していた個人事業主「ホスピタリティつむぎ」で開業いたしました。開業にあたりましては、村松先生からも詳細のアドバイスをいただき、とても助かりました。コロナ対応で県の委託事業としてスタートいたしました。

 与論では、活動が限定されますが、このように隙間産業や、各方面の研究のインタビュー協力など「つむぎ」でさせていただいております。

 いろんな形のメッセンジャーナースの活動を模索中です。


(末永真由美)


写真のタイトルです>>>>「ホスピタリティつむぎ」開業。末永さんへ、届いたばかりのお裾分け

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示