ステージ4の緩和ケア医が書いた『がんを悪化させない試み』とは?

【私のメディア・リテラシー】第19回 <ステージ4の緩和ケア医が書いた『がんを悪化させない試み』とは?>  尾﨑 雄 Ozaki Takeshi(「老・病・死を考える会プラス」世話人 、元日経ウーマン編集長

  8月5日、三宅一生さんがなくなった。ヒロシマが生んだ世界的なファッション・デザイナーだった。享年84。肝細胞がんだった。「ブランドを後進に引き継いだ後も精力的に活動し、生涯現役を貫いた」(10日付け読売)。原爆の後遺症と戦いながら、ひたすら服飾革命に取り組む。「日本のファッションを世界レベルに引き上げた偉大な人」(同)だった。

 三宅氏のようにはなばなしくはないが、静かなる医療革命に取り組んできたひとりの医師がいる。在宅緩和ケア医の山崎章郎氏である。6月、一冊の本を出した。  『ステージ4の緩和ケア医が実践する、がんを悪化させない試み』(新潮選書)だ。

 ジャンルを問わず、今年の新刊書で私が最も感銘を受けた一冊になるだろう。


詳細は☞ こちら

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示