2名のメッセンジャーナースが誕生


 認定メッセンジャーナースの活動が活発化。本日11月20日、第33回研鑽セミナーⅡが終了し、2名のメッセンジャーナースが誕生しました。そんな中で飛んできた1通のメール、岐阜で取材された記者さんの言葉「メッセンジャーナースは、ナースの初心に帰るルネッサンスのようなプロジェクトかもしれないと思いました」。

 『メッセンジャーナース認定協会』がめざしているのは、看護師として長年培ってきた看護の実力と本来の役割意識を活かす新しい形での社会参加の仕組みです。

 不在の都道府県は、山形県、群馬県、山梨県、石川県、福井県、滋賀県、三重県、和歌山県、鳥取県、香川県、徳島県、佐賀県、沖縄県の13県です。


第33回研鑽セミナーでの認定者:大串知子(東京都) 福﨑恵子(鹿児島県)


第33回研鑽セミナーご案内 ダウンロード - dai33kai.pdf

セミナーⅢは、12月17日(土) Ⅳは、12月18日(日)

  Ⅴは、令和5年1月14日(土) Ⅵは、 1月15日(日)

お問い合わせは、seminar@e-nurse.ne.jp 件名:研鑽セミナー

閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示