看護は家族一人ひとりの思いと向き合う


 法の壁に甘んじることなく国民の負担を伴う独立事業として、看護は、家族一人ひとりの思いと向き合う。看護の神髄はどんな状況下でも変わらない。

閲覧数:0回0件のコメント