鹿児島県でセフティマネジメント研究会


 鹿児島県でセフティマネジメント研究会が7月30日(土)に開催されました。

その基調講演が日本の医療安全界の第一人者である名古屋大学の長尾能雅教授でした。NHKのプロフェッショナルに2回も取り上げられております。在宅領域の医療安全にも関心を寄せられております。訪問看護師を支える医療安全管理体制の整備など話しました。

福永先生はセフティマネジメント研究会の代表です。そんなご縁から、私と3名で枕崎の田渕さんのところまで訪ねました。

 台風一過とはなりませんでしたが、枕崎の漁港での「ぶえん(魚)は美味しかった」と。

秋の枕崎市民公開講座の話題やメッセンジャーナースの話も。メッセンジャーナースが名古屋大学にもいつか「インフォームドコンセント付き添いますと突然現れるのでしょうか? 名古屋にもメッセンジャーナースがいらっしゃいますか」と、大きな関心を寄せられ、村松代表の「自主逝のすすめ」を読みたいと。田畑がプレゼントすることとなりました。これから、在宅領域における医療安全も重要に、このご縁を大切にと思うことでした。 (鹿児島のメッセンジャーナース・田畑)

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示